本文へ移動
夜明けの翼法律事務所
長野県長野市西後町1597-1 長野朝日八十二ビル2階
受付9:00-17:00
TEL.026-217-4800
FAX.026-217-4801
ご予約用ダイヤル 
0800-8000-283

(フリーダイヤル)

※ご相談は予約制です。また,非通知は電話・ファクスとも受け付けない設定になっております。ご注意ください。
 なお,お電話でのご相談はお受けしておりません。ご相談は原則として面談にて実施しております。電話無料相談は平成22年8月17日をもって終了いたしました。

1.法律相談
2.法律事務一般
3.裁判代理


これまで主に取り扱った分野
・企業法務,コンプライアンス関係
・不動産取引

借地、借家
・マンション管理組合関係

・建築紛争、欠陥住宅
・交通事故(損保側,被害者側とも)
・医療事故
・労働紛争(会社側,従業員側とも)
・消費者被害
・離婚、親権、親子問題
・遺言
・相続関係(遺産分割等)
・境界、その他近隣関係の紛争
・金銭貸借・保証トラブル
・多重債務(サラ金被害)
・自己破産,個人再生
・任意整理,過払い金請求
・犯罪被害者の支援
・ゴルフ会員権預託金返還請求
・ペットの法律問題

過去のオンエア内容

第89回(最終回):淫行処罰条例について
2013-07-24
先日,淫行処罰条例の制定に長野県弁護士会が反対の声明を出したというニュースがありました。子どもたちを性被害から守るために,こういう条例は必要だと思うのですが,なぜ反対するのか理解できません。説明して下さい。(40代,女性)
阿藤:今日は,最近長野県内でもニュースに出てくる「淫行処罰条例」についてです。特に最近,学校の教員などが児童生徒に対してわいせつ行為をして逮捕されるなどという報道が多いですが,板谷さん,まず淫行処罰条例とうもの自体がよく分からないのですが,一般的にはどういうものなんですか。
板谷:一般的には,青少年とのみだらな性行為やわいせつ行為を広く処罰する規定を盛り込んだ条例を指して,淫行処罰条例と呼ばれていますね。
阿藤:たとえばどんなものがあるんでしょう。
板谷:最高裁の大法廷判決で有名になったのは,福岡県青少年保護育成条例で,この条例には,「何人も,青少年に対し,淫行またはわいせつの行為をしてはならない」という規定がありまして,これに反すると,2年以下の懲役または10万円以下の罰金を科するということになっています。長野県内の市区町村のレベルでいうと,東御市には平成19年に青少年健全育成条例ができまして,そこでは,「何人も青少年に対してみだらな性行為またはわいせつな行為をしてはならない」とされています。
阿藤:「青少年保護育成」の条例ということは,要するに,子どもたちを性被害から守るというために作られた条例ということですよね。
板谷:はい。そうですね。こういう条例の中には,有害図書の規制なども含まれることが多いですね。
阿藤:長野県には,こういう条例がなかったということなんですか。
板谷:そうなんです。長野県は,47都道府県で唯一,こうした淫行処罰条例がなかったんです。
阿藤:子どもを持つ親の気持ちからすると,子どもたちが性被害の対象にされてしまうことを防ぎたいというのは当然で,是非長野県にも作って欲しいというのはよく分かるのですが,何か問題があるんでしょうか。
板谷:もちろん,そういう親御さんのお気持ちはよく分かります。ただ,弁護士の立場から申し上げると,このような条例を作ることには,大きく分けて,2つ問題があると考えているんですね。まず1つ目は,条例の文言,つまり言葉遣いが曖昧だということです。
阿藤:先ほどの条例ですと,「何人も,青少年に対し,淫行またはわいせつの行為をしてはならない」とか,「何人も青少年に対してみだらな性行為またはわいせつな行為をしてはならない」という言葉遣いでしたが,まず,「青少年に対し」,これはどういう意味でしょう。
板谷:通常は,条例の中に,小学生から18歳未満までを青少年と呼ぶという定義規定が入っていますね。
阿藤:そうすると,これは年齢ではっきり分けられますから,明確ですよね。
板谷:そうですね。
阿藤:次に,「淫行またはわいせつの行為をしてはならない」とか,「みだらな性行為またはわいせつな行為をしてはならない」これはどういう意味でしょう。
板谷:ここが問題なんです。「淫行」とか,「みだらな性行為」「わいせつな行為」というのが,どこからどこまでを規制するのかが曖昧なんです。
阿藤:まあ,こういうたぐいのものは,ある程度曖昧にならざるを得ないと思うんですけど…。曖昧だと,何が問題なんですか。
板谷:逮捕したり処罰したりする範囲について,捜査機関のフリーハンドになってしまうんです。たとえば,その青少年が真剣に恋愛したり交際したりしているというような場合でも,捜査機関は場合によっては逮捕できてしまうんです。
阿藤:なるほど。青少年が性交渉をすることが良いのかどうかは置いておくとして,女性であれば16歳になれば結婚もできるわけですもんね。
板谷:そうなんです。最高裁は,福岡の条例に関して,「『淫行』とは…」と言って非常に難しい定義づけをしているんですが,これではほとんど限定になっていないという強力な反対意見もあるんです。
阿藤:なるほど。さて,問題点の2番目というのは何でしょう。
板谷:青少年の性交渉などに関して,刑罰でこのように規制するというやり方自体がどうなのかということです。刑罰で何でも処罰するという方向は,決して問題の解決にはならないんです。
阿藤:といいますと,どういうことでしょう。
板谷:これだけ性に関する情報があふれた現代ですから,むしろ,子どもが自己決定権に基づいて意思決定をして,自分の判断で危険性から身を守ることができるように,性教育をしたり,インターネットの利用方法や危険性等に関する情報教育をしたりすることの方が重要だということなんです。日本の法律では,刑法の強制わいせつ罪,準強制わいせつ罪,強姦罪,準強姦罪,児童福祉法の児童淫行罪,いわゆる児童買春・児童ポルノ禁止法,出会い系サイト規制法,迷惑防止条例などがあって,青少年が被害を受けることを防ぐためにはこのような既存の刑罰で十分だと思うんですよね。
阿藤:なるほど。さて,今日で板谷さんの法律相談のコーナーは最終回ということですね。
板谷:はい。今日までで,約7年間,合計89回このコーナーを担当させていただきました。いろんなご相談を取り上げさせていただいて,とても勉強になりました。どうもありがとうございました。
阿藤:どうもありがとうございました。
TOPへ戻る